ラブラドールレトリバーの犬図鑑

ラブラドールレトリバーの歴史

ラブラドールレトリバーの祖先犬は、カナダのラブラドール半島がその出身地ではなく、ニューファンドランド半島とされています。16世紀頃、この地域の入植者が連れていたセント・ジョンズレトリバーがその祖先です。なお、ニューファンドランドという犬種は、同じ地域でこのセント・ジョンズレトリバーと大型のマスティフの交配がベースになって生まれた犬種で、ラブラドールレトリバー同様、泳ぎの上手な水猟犬として知られています。
また、祖先犬であったセント・ジョンズレトリバーは黒の毛色しかなく、チョコレートやイエローの毛色が生まれるようになったのはずっと後のことでした。

セント・ジョンズレトリバーがイギリスに持ち込まれたのは1820年頃とされています。カナダで漁師と共に働くセント・ジョンズレトリバーの姿を見たイギリスの貴族が、鴨などの水鳥猟の猟犬とすべく持ち帰ったとされています。
セント・ジョンズレトリバーはさらにイギリス国内で貴族の手により繁殖と選択交配が進められ、19世紀の末頃には現在のラブラドールレトリバーに近い形になったため、イギリス原産となりました。
イギリスでは1870年頃には通称でラブラドールレトリバーと呼ばれていましたが、1903年にはイギリスケンネルクラブに登録され、正式な名称になりました。

その賢さ、穏やかさ、実働能力の高さ、性格の良さで、ラブラドールレトリバーはアメリカとイギリスを中心に人気が高まり、世界中に広がりました。アメリカでは長い間、登録頭数のベスト3に入っているほどで、世界でも最も飼育頭数の多い純血種となりました。
また、盲導犬としラブラドールレトリバーを最初に使ったのはイギリスでした。現代では介助補助犬、麻薬探知犬、災害救助犬など、人間の近くでたくさんのラブラドールたちが能力を発揮して働いています。

ラブラドールレトリバーの特徴

ラブラドールレトリバーは欧米では中型犬とされることも多いですが、日本では大型犬とされています。
体高はオス56~57cm、メス54~56cm、体重は30kg前後の個体が多いようです。
体長は体高より少し長く、短毛に覆われていて、頭部は横幅が広く垂れ耳、体は骨太で筋肉質です。
ラブラドールレトリバーは水猟犬なので、泳ぐことが好きな個体も多くいるようです。

ラブラドールレトリバーの性格

ラブラドールレトリバーは穏やかで攻撃性が少なく、知性と順応力が高く、また服従性の高さと自分で考えて判断する能力の両方を併せ持っています。場所や状況を良く見て判断することができるという知的レベルの高さがあります。
家族には愛情深く、他人や他犬、猫などの動物に対しても積極的な攻撃を見せることはあまりありません。
実用犬として優秀なラブラドールですが、優しく社交的な性格のために、番犬としてはあまり良い仕事ができないようです。
ラブラドールレトリバーの知的レベルは高いのですが、性格の良さから、時にひょうきんな行動を見せることがあります。

ラブラドールレトリバーの飼い方

ラブラドールレトリバーは体力があり、活動的ですので、毎日朝晩1時間ずつくらいの散歩はしてあげましょう。
また、知的好奇心が盛んですので、特に若いうちは散歩だけでは退屈してしまうかもしれません。
レトリーブ(回収)能力を発揮できるような、ボール遊びやフライングディスクなども取り入れてあげると良いでしょう。
アジリティなどのドッグスポーツでも優秀な成績を収めますが、体重があるため、ハードル競技などは注意が必要でしょう。
ラブラドールレトリバーは好奇心が強いため、特に子犬から若犬の頃は、室内で長時間放っておくと低い所にあるものを破壊してしまうことがあります。賢い犬ほどしつけは大切です。

食欲が旺盛で、体質的に太りやすいことに注意が必要です。
毛は短毛ながらダブルコートですので、下毛は抜けます。週に数回のブラッシングを行ってあげましょう。

ラブラドールレトリバーの毛色

ラブラドールレトリバーはブラック、イエロー、レバー、チョコレートで、イエローは明るいクリーム色から赤みの強いレッド・フォックスまで幅広く存在します。
胸には通称「メダル」と呼ばれる白い差し毛が入ることがありますが、これは祖先であるセント・ジョンズレトリバーにもしばしば見られた名残で、ドッグショーなどでも認められています。

ラブラドールレトリバーの気を付けたい病気

ラブラドールレトリバーが盲導犬など現役の作業犬として広く使用されているのには、遺伝疾患やかかりやすい病気が比較的少ないという理由にもよります。
しかし、スポーツドッグとする場合は、体重の負荷によって前十字じん帯断裂や股関節・肘関節にけがを招く場合があります。
フライングディスク競技などでは、無理をさせないようにしてあげたいものです。

食欲が旺盛なため、フードを一気に食べることで、胃捻転や腸ねん転を起こすことがあります。
勢いよく食事をするクセのある犬は、食後も様子を見てあげるようにしましょう。

食欲と好奇心、ストレス解消の遊びなどで、与えられたおもちゃを飲み込んでしまうという異物食もよく聞かれます。時にはボールなどを飲み込んでしまうことがありますので、調子が悪そうに見えたら、おもちゃや靴下、家庭用品などがなくなっていないか確認したほうが良さそうです。
誤食は時に腸閉そくの原因となることがあります。

ラブラドールレトリバーを毛色で探す

< ラブラドールレトリバーのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,214人が「いいね!」と言っています。
Noda Zhāng
中静 隆秀
黒川 勲
小林 正則
渡辺信行
木浪 新悦
Fumiko Watanabe
梶本 圭子
新着子犬お知らせメールサービス ラブラドールレトリバーの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のラブラドールレトリバーのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ラブラドールレトリバーの名前ランキング

  • 男の子
    1位ウィル
    2位コロ
    3位シオン
  • 女の子
    1位Eve
    2位HAL
    3位きなこ
>> 名前ランキングをもっと見る